弁護士を代理人に

心まで交通事故で傷つけられたときには、当然慰謝料の請求をするとともに、後遺障害として認定してもらい、損害賠償をしてもらっていかなければいけません。ですが、これは簡単なことではないのです。その理由が、交通事故との因果関係をはっきりとさせにくいところにあるでしょう。相手の保険会社に対して損害を主張していく必要がありますが、因果関係を認めないことも出てくるからです。特に素人が、交通事故案件のプロである保険会社を相手に主張していくのは、困難を極めます。精神的につらい中での交渉ともなれば、うまく浮かない要因を背負って交渉することになるでしょう。現実的に難しいことがわかるはずです。

弁護士精神的な部分は、どうしても時間がかかります。腰を据えて取り組んでいかなければいけないことも多々あるでしょう。そういった時期に精神的な負担を増やすことはありません。

弁護士に依頼しておくことで、代理人となることができます。本人に代わってさまざまな窓口にもなっていきますので、負担を増やすことなく交通事故後遺障害の交渉や認定も進めていけますので、まずは交通事故の案件を得意とする弁護士に相談してみるのが大切です。そこから次のステップを考えていけばいいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket