弁護士を代理人に

心まで交通事故で傷つけられたときには、当然慰謝料の請求をするとともに、後遺障害として認定してもらい、損害賠償をしてもらっていかなければいけません。ですが、これは簡単なことではないのです。その理由が、交通事故との因果関係をはっきりとさせにくいところにあるでしょう。相手の保険会社に対して損害を主張していく必要がありますが、因果関係を認めないことも出てくるからです。特に素人が、交通事故案件のプロである保険会社を相手に主張していくのは、困難を極めます。精神的につらい中での交渉ともなれば、うまく浮かない要因を背負って交渉することになるでしょう。現実的に難しいことがわかるはずです。

弁護士精神的な部分は、どうしても時間がかかります。腰を据えて取り組んでいかなければいけないことも多々あるでしょう。そういった時期に精神的な負担を増やすことはありません。

弁護士に依頼しておくことで、代理人となることができます。本人に代わってさまざまな窓口にもなっていきますので、負担を増やすことなく交通事故後遺障害の交渉や認定も進めていけますので、まずは交通事故の案件を得意とする弁護士に相談してみるのが大切です。そこから次のステップを考えていけばいいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故とPTSD

ストレス心的外傷後ストレス障害は、社会問題ともいえる背景を持っています。交通事故でも起きることがわかってきていますが、身体に怪我を負うだけではありません。精神的にも傷を負い、辛い思いをしていかなければいけないからです。うつ病を発症することもわかってきていますが、交通事故に遭ったときの恐怖は、心に大きな傷として残ってしまうでしょう。何かの拍子に交通事故に遭った瞬間の出来事がよみがえってくる瞬間があります。

フラッシュバックを起こし、事故の場面などが思い出したくなくても意識の中にあらわれ、さまざまな症状を引き起こしてしますのが、これが恐怖感につながったりします。突然泣き出したり、過度な警戒心といった症状が出てしまうのです。慢性化してしまうと、幻覚症状なども見られますが、自殺願望として表れてしまう危険な状態まであります

交通事故の怖いところであり、心まで破壊してしまうことがあるのです。日常生活だけではなく、仕事にまで支障をきたすのは間違いないでしょう。交通事故に関しておきおることが多く、車が通っているのを見るだけでも、迫ってくるように感じて症状を起こすことさえあるのですから、医師に相談するとともに対応策を考えていかなければいけません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

うつ病と交通事故

現代社会において、うつ病は外すことができない病気として認識されるようになってきました。交通事故との関連性といわれると、どこに因果関係があるのかと思う人も少なくありません。ですが、交通事故に遭ったことが引き金となってしまい、不安な感情をぬぐえなくなったり、さまざまな面で意欲の低下が認められることが出てきます。うつ状態が続くようなケースは少なくないのは、交通事故での経験は心に傷を残していくからです。これは日常生活に支障をきたすようになれば、大きな障害となっていくでしょう。

医師うつ病は、医師の治療が必要です。後遺障害としても認定されるのが当然ですが、交通事故との因果関係がはっきりしなければいけません。専門医の元で診断を受けながら治療を進めていく必要がありますが、改善が見込めないとなれば、後遺障害と認められる可能性が出てきます。

ただし、因果関係をはっきりとさせにくい部分があるため、交通事故に強い弁護士に相談しながら進めていくことも必要といえるでしょう。自分でも申請はできますが、精神的に傷ついてしまっている状況では、かなりつらい思いを繰り返すことになるのですから、代わって申請させるのがポイントです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故と精神の傷

普段起こるはずがない衝撃を受けてしまうと、精神的にも驚いてしまうことが出てきます。驚くだけであれば問題もなく済みますが、あとあとまで大きな障害となってしまうことが社会問題ともなってきているでしょう。交通事故でもこうした精神被害が大きく注目されるようになりました。精神的被害が後遺障害として残ってしまい、辛い思いを続けるケースがあります。日常生活の中でも突然思い出されるようなこともありますし、不安や緊張が続いてしまうような場合も問題です。めまいや吐き気をもよおすこともあり、不眠症になってしまうような場合さえあります。

交通事故短期間では起きやすいことは間違いありません。被害に遭って印象が残っているためですが、時間がたっても一向に改善しないというケースが出てきます。何年も続いてしまうようなケースもあり、心的外傷後ストレス障害として認定されることも出てきました。他にもうつ病を発症したりする場合もあり、精神的に大きな問題を抱えていくようになるでしょう。阪神淡路大際震災以降で知られるようになりましたが、心的外傷後ストレス障害というよりもPTSDといったほうが知名度も高い病気といえます。

交通事故というと、肉体的なケガだけではありません。こうした精神的な部分での問題も考えておかなければいけないでしょう。加害者に対してどういった請求をしていくべきなのか、対応策も含めて検討をしなければいけません。知識があることによって守られることも出てきますので、弁護士を含め適切な対応の知識として参考にしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket