うつ病と交通事故

現代社会において、うつ病は外すことができない病気として認識されるようになってきました。交通事故との関連性といわれると、どこに因果関係があるのかと思う人も少なくありません。ですが、交通事故に遭ったことが引き金となってしまい、不安な感情をぬぐえなくなったり、さまざまな面で意欲の低下が認められることが出てきます。うつ状態が続くようなケースは少なくないのは、交通事故での経験は心に傷を残していくからです。これは日常生活に支障をきたすようになれば、大きな障害となっていくでしょう。

医師うつ病は、医師の治療が必要です。後遺障害としても認定されるのが当然ですが、交通事故との因果関係がはっきりしなければいけません。専門医の元で診断を受けながら治療を進めていく必要がありますが、改善が見込めないとなれば、後遺障害と認められる可能性が出てきます。

ただし、因果関係をはっきりとさせにくい部分があるため、交通事故に強い弁護士に相談しながら進めていくことも必要といえるでしょう。自分でも申請はできますが、精神的に傷ついてしまっている状況では、かなりつらい思いを繰り返すことになるのですから、代わって申請させるのがポイントです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket