交通事故とPTSD

ストレス心的外傷後ストレス障害は、社会問題ともいえる背景を持っています。交通事故でも起きることがわかってきていますが、身体に怪我を負うだけではありません。精神的にも傷を負い、辛い思いをしていかなければいけないからです。うつ病を発症することもわかってきていますが、交通事故に遭ったときの恐怖は、心に大きな傷として残ってしまうでしょう。何かの拍子に交通事故に遭った瞬間の出来事がよみがえってくる瞬間があります。

フラッシュバックを起こし、事故の場面などが思い出したくなくても意識の中にあらわれ、さまざまな症状を引き起こしてしますのが、これが恐怖感につながったりします。突然泣き出したり、過度な警戒心といった症状が出てしまうのです。慢性化してしまうと、幻覚症状なども見られますが、自殺願望として表れてしまう危険な状態まであります

交通事故の怖いところであり、心まで破壊してしまうことがあるのです。日常生活だけではなく、仕事にまで支障をきたすのは間違いないでしょう。交通事故に関しておきおることが多く、車が通っているのを見るだけでも、迫ってくるように感じて症状を起こすことさえあるのですから、医師に相談するとともに対応策を考えていかなければいけません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket